結婚式で手紙を歌にする!「レターソング」はおすすめの演出!

一生に一度の大切な結婚式。

どうせなら、より一層思い出深く、

印象的なものにしたいですよね!

 

お二人だけのオリジナルウェディングに、

「花嫁の手紙を歌にする」

という演出が人気になってきています。

 

この演出のことを「レターソング」といいます!

 

今回は、

「結婚式で手紙を歌にするレターソング」

についてご紹介したいと思います。


[toc]

目次

結婚式の手紙がオリジナルの歌になる

レターソング

 

花嫁のお手紙のシーンでは、

涙がこみ上げてきて手紙が読めなくなる新婦さんも

いらっしゃると思います。

 

お手紙を「歌にする」ことで、

感動してして泣いてしまっても大丈夫。

 

会場では、歌詞付きの映像を見ながら、

両親に当てた想いが流れます。

 

「あの時、ママはこう言ってくれたね」

「パパはどんな時でも背中を押してくれた」

「辛い時もあったけど、二人のおかげで乗り越えられた」

 

こんな歌詞が、歌とともに映像で流れてきたら、

感動がこみ上げてきますよね。

 

そして、この結婚式のために作られたオリジナルの歌は、

家族でずっと楽しめる一生の宝物になります。

 

手紙は自由に書いていい

ご両親への手紙は、自由に書いていただいてかまいません。

伝えたい想いを、素直に、ストレートに書いてしまって大丈夫。

 

実際に歌詞になるとなると、

「どんなことを書けばいいんだろう?」

なんて頭を悩ませてしまう人もいらっしゃるかもしれませんが、

かたくならなくて大丈夫。

 

あなたの心にある想いを、そのまま書いてしまえば、

それが最高の歌詞になります。

 

書いた手紙は、結婚式の後にご両親にお渡ししても良いですね!

 

「あの時の歌、この手紙が元になってるんだよ」

 

なんて渡されたら、ご両親もきっと喜ぶと思います。

 

結婚式の手紙を歌詞にする

レターソング

手紙を歌詞にする時は、自分で書いても、

プロに依頼してしまってもどちらでも大丈夫です。

 

自分で書く場合、

楽曲には「Aメロ・Bメロ・サビ」と構成があるため、

少しだけ字数に配慮が必要になってきますが、

サポートを受けながら自分で仕上げていくこともできます。

 

(自分で書くのも、思い出になりますね!)

 

しかし、やはりプロにお願いしてしまうという方が、

比較的人気と言えます。

音楽にする前の歌詞は依頼して、

想いを手紙に込めることに専念してしまっても

良いかもしれません。

 

レターソングは、プロが歌ってくれる

歌詞が出来上がり、楽曲も完成したところで、

その曲をプロのシンガーが歌ってくれます。

 

あなたの想いが詰まった楽曲が、市販の音楽みたいに奏でられる…

感動的ですよね!

 

「プロの歌」というのは、本当に一気に楽曲のクオリティを上げてくれます。

 

私の話になってしまいますが、作った楽曲にボーカルが入るだけで、

楽曲が5倍くらいよくなったりするので、毎回感動しています。笑

 

しかし、

「自分の歌を入れたい!」

「当日自分で歌いたい!」

という方もいらっしゃると思います。

 

そういった場合も、希望を叶えることができる会社もあります!

 

どんな風に歌を入れたいかって重要ですよね。

自分に合った方法で楽曲を完成させていきましょう!

 

オリジナルの音楽は、一生楽しむことができる

結婚式の日のために作られた、オリジナル音楽。

スマホやPCに入れて、いつでも楽しむことができるし、

その音楽は一生楽しむことができます。

 

音楽のすごいところは、

絶対に廃れないところ。

 

なくなることもないし、

例えばちょっと落ち込んだ時だって、

「あの時作った曲を聴こう」

なんて元気をもらえることもあるかもしれません。

 

人気の演出となってきているレターソング。

 

ぜひ、一生に一度の結婚式のためのオリジナルソングを、

作ってみてくださいね!

 

レターソングを鈴木ミカに頼む

自分の宣伝になってしまいますが、

プロの作曲家・鈴木ミカはレターソングのご依頼を承っております!

 

www.youtube.com

 

作曲

 

私、鈴木ミカは様々な楽曲を制作してきました。

 

・東急百貨店バレンタインCM音楽

・ポケモンの森2 リーメントPR動画用音楽

・テレビ東京系アニメ 「コケッコーさん」

・テレビ東京アニメ「アニマルバス」

・東横ハチ公ファッションショー動画音楽

 

など、幅広いジャンルで作曲を手がけています。

 

(※まだまだある実績はこちらから)

 

「明るい」「希望を感じる」「悲しみ」

など、抽象的なイメージも楽曲に落とし込むことができ、

女性ならではの感性を生かして、

レターソングにぴったりの音楽を書き上げることができます。

 

あたたかみのある音楽、前向きになれる音楽、感動する音楽などは

私の得意とするところです。

 

「フリーランス」という特性を生かして、

費用を抑えることも可能です。

 

費用については、こちらの記事もご参考くださいませ^^

 

mika-ishii.hatenablog.com

 

私が結婚式の音楽を書き始めたのは、友人からの依頼がきっかけでした。

 

とても喜ばれて、「お願いしてよかった!」

と言われ、実際に会場で聴いた時に

本当に楽曲が友人の結婚式会場の雰囲気にマッチし、

自分でも感動してしまった…そんな体験が元になっております。

 

ぜひ、あなたの結婚式をより印象的にするお手伝いをさせてください!

 

ご連絡お待ちしております^^^

 

suzukimika.02@gmail.com

 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる