MENU
カテゴリー

タテノシオリ「ハートソング」の作り方①

  • URLをコピーしました!

こんにちは!
Tokyo Marry Letter 作曲・編曲担当のタテノシオリです^^

突然ですが、
ほとんどの方はこんな疑問をお持ちではないでしょうか。

『レターソングってどうやって作るの?』

私流ではありますが、
今回はレターソングの作り方をお話ししたいと思います!

目次

①まず五線紙に採譜する

事前にヒアリングしてもらったニーズを基に
1コーラスだけメロディとコードを書いていきます。

この時点で、曲の構成※
もある程度決めちゃいます。

※曲の構成はイントロ→Aメロ→Bメロ→サビなどの事です

今まで色んなニーズがありました。
感動的な曲、シンプルなサウンド…
某人気アーティストみたいな曲というのもありました。

結婚式は一生モノです。
お客様のご要望にお応えし全力を尽くしますので、
これからお考えの方はどんどんニーズを仰ってください^^

②PCで1コーラスだけ制作する

さあ、1コーラス作曲できたら次はPCで音作りです。

ここで、私が普段音楽制作している作業場をお見せしましょう!ドドーン

タテノシオリ制作スペース

こんな感じです。ここから更にカスタマイズしていけたらいいなあ^^

さて、話が逸れましたがいよいよ音作りに入ります。

①で書いた譜面に沿って伴奏を入力。

イントロや編曲に関しては、頭の中でこれだ!
と思ったフレーズをニーズに合うであろう
楽器の音色で入力していきます。
(ちなみに私の使用ソフトはLogic pro Xです)

③作成された歌詞にメロディを当てはめ、仮歌を録音する

メロディ以外の1コーラスができたら次は仮歌入れです。

Tokyo Marry Letterは最終的に
プロシンガーの方が歌ってくれます。


曲の雰囲気を掴んでもらう為に、
まずは1コーラスを作曲者の声で歌入れします。

事前に用意された歌詞をメロディに当てはめていき
(途中相談しながらやる事もしばしば)
マイクを使い自分の声で1コーラス録音!

録音が終わったら、
メロディが分かるようにピッチなどを修正したりしていきます。

その後、自分なりに音のバランスを調整し
1コーラス完成品をお客様にお送りします!




お客様から返信が来るまで待機になりますが、
その間ものすごくドキドキしてます^^;

本日はここまでです。
次回もつづきがありますので是非ご覧になってくださいね^^

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

目次