まとまらない!「花嫁の手紙」の書き方コツ3つ

いまや結婚式の定番演出となった「花嫁の手紙」。

伝えたいことはあるけれど、上手くまとめられないという花嫁も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな花嫁の手紙を上手にまとめる方法をご紹介します。

手紙の基本的な構成や抑えるべきポイントを学んで、印象に残る手紙を書きましょう!

目次

1、読む時間は適度な長さに。飽きさせない工夫

一般的に、一つの話題を集中して聞けるのは3分程度が限界と言われています。

ゲストに飽きさせないためにも、手紙を読み上げる時間は3分前後に収めるのがベスト。

文字数にすると700~1000文字程度必要になります。

便せんに書く前に、一度Wordなどのソフトに書いて文字数を確認しておくと簡単です。

2、花嫁の手紙の基本的な構成とは

花嫁の手紙の構成は「導入、エピソード、結び」の3部構成が一般的。

この構成を知っておくことで、花嫁の手紙はぐっとまとめやすくなります。

一つずつ解説していきます

導入

書き始めは、両親への呼びかけから。

「手紙なんて書いたことがなくて少し照れくさいけれど」など、気持ちを素直に書くことで堅すぎない手紙になります。

聞いてくれるゲストへ一言断りを入れるのも好印象です。

情景が浮かぶエピソード

幼いころの思い出や嬉しかったこと、両親のありがたみを感じたエピソードを書きましょう。

他にも尊敬していることや、昔謝れなかった事の謝罪などでも。

情景が浮かぶよう、エピソードはなるべく具体的に。

両親の人柄がわかるようなエピソードがあると、ゲストも光景をイメージしやすくなります。

結びの言葉

結びの言葉として、両親やゲスト、新郎の親へむけて感謝の気持ちをあらためて伝えましょう。

他にも、これからの妻としてや夫婦としての目標や抱負を盛り込むと、前向きな印象を与えることができます。

3、つたなくても、素直な気持ちを言葉にすることが大切

花嫁の手紙は難しい日本語を使ったり、堅苦しい文章にする必要はありません。

いままで育ててくれた両親への感謝を、素直に言葉にすることがなによりも大切。

そんな素直な感謝の気持ちこそが感動を生むのです。

花嫁の手紙の基本的な構成をおさえて、あなたのありのままの気持ちを伝えましょう!

花嫁の手紙を楽曲にしませんか?

レターソングというサービスをご存知でしょうか。

今回、花嫁のお手紙をまとめるコツをご紹介しましたが、そのお手紙を歌と動画にするという方法があります。

レターソングとは花嫁の手紙をもとに楽曲を作成し、出来上がった楽曲をプロが歌い上げるというものです。

「手紙を読み上げるのが恥ずかしい」「大勢の前で話すのが苦手」といったあなたにも安心!

レターソングは、まだまだあまり知られていない結婚式の新しい演出です。

感動的な楽曲と動画は、最高の結婚式にお力添えができます。

Tokyo Marry Letterのレターソングは、プロの作曲家が制作するながら、リーズナブルの価格でのご提供が可能です。

 

人生に一度の大切な節目に、一味違った演出で感謝の気持ちを伝えませんか?

レターソングの制作はぜひ、Tokyo Marry Letterにお任せください!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる